アトレティコのリーグタイトル獲得へのキーマンに ボランチから点取り屋へと進化した男

エイバル戦はFW起用のジョレンテ photo/Getty Images

今季11得点を決めるジョレンテ

今季、リーガ・エスパニョーラで首位を走るアトレティコ・マドリード。最近は勝ち点を取りこぼすこともあったが、18日に行われたリーガ第33節でエイバルに5-0と完勝し、ヘタフェとスコアレスドローに終わったレアルとの差を3と広げる。今節試合のないバルセロナとの差も5とした。

この試合で2ゴールを挙げ、今シーズン二桁得点としたマルコス・ジョレンテは好調をキープ。2013-14シーズン以来のリーグタイトル獲得へジョレンテの活躍がカギとなるだろう。

エイバル戦にスタメン出場したジョレンテ。今試合では2トップの一角としてFWで起用される。試合は3-0で迎えた53分、左サイドからの折り返しを中央へ走りこんだジョレンテが合わせて、今季10点目のゴールを奪う。さらに再び左サイドからのパスをトラップしてシュートを放ち、ネットを揺らす。チームの勝利を決定づける追加点を決めて5-0の勝利に貢献した。

ジョレンテはアトレティコ加入後、攻撃面で目覚ましい活躍を見せている。レアルでは守備的MFだった選手が、2列目にコンバートされたことで得点力が開花。昨季はリーガ初ゴールを含む3得点を記録した。今季はさらに得点を積み重ね、ここまで30試合に出場して11得点とキャリアハイの成績を挙げている。

またジョレンテは高い決定力も持っており、32本のシュートで11得点と決定率は「34.4」%を記録。32本のシュート数のうち、枠内シュートが「18」とシュートの精度も高い。またアシスト数も8つとリーグ2位タイにランクイン。キック精度の高さを武器に得点を創出し、首位に大きく貢献している。

チームの得点源であるルイス・スアレスが、練習中に負傷し現在離脱中。終盤戦にエースを失いブレーキも予想されたが、ジョレンテの活躍次第では十分にカバーもできるだろう。終盤戦を迎える今季のリーガ優勝争いで、アトレティコが首位で逃げ切るには、彼の活躍が必要不可欠だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ