“7200万ポンドGK”は逆襲を 気になるデ・ヘアの後継者候補

チェルシーでリベンジの時を待つケパ photo/Getty Images

2番手から地道な戦い

トーマス・トゥヘルの下で堅い守備を築き上げているチェルシー。ゴールを守るのはフランク・ランパード前政権と同じくセネガル代表のエドゥアール・メンディだが、2番手の存在も忘れてはならない。

2018年の夏にアスレティック・ビルバオからGK史上最高額の移籍金となる7200万ポンドでチェルシーへやってきたケパ・アリサバラガだ。

高額すぎる移籍金がプレッシャーとなったのか、ケパは移籍当初から期待を裏切り続けた。今季はレンヌからやってきたメンディにあっさりと守護神の座を奪われてしまい、それはトゥヘルに指揮官が交代してからも変わっていない。

しかし、ケパの方も徐々に自信を取り戻しつつあるのではないか。出番は限られているが、ケパは2月のニューカッスル戦、FA杯5回戦のバーンズリー戦、準々決勝のシェフィールド・ユナイテッド戦でクリーンシートを達成。格下が相手とはいえ、3試合続けてのクリーンシートはケパにとって非常にポジティブな結果だ。

先日発表されたスペイン代表メンバーの中に、ケパの名前はなかった。GK枠で召集されたのはマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘア、ビルバオのウナイ・シモン、ブライトンのロベルト・サンチェスの3人だ。

ウナイ・シモンとロベルト・サンチェスの2人はケパより若く、彼らもデ・ヘアの後継者候補だ。以前はデ・ヘアVSケパといった構図だったが、ひとまずそれは崩れることになった。

ケパにとっては難しい時間となっているが、焦る必要はない。まだ26歳と若く、守備が安定してきたトゥヘル・チェルシーで結果を出していけばスペイン代表の守護神争いにも参加できるはず。GK史上最高額の男が輝きを取り戻していけるのかも、今後の注目ポイントだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ