相手DFも脱帽するほどの実力者に 今季バイエルンで急成長するスピードスター

今季バイエルンで素晴らしい活躍を披露しているコマン photo/Getty Images

「間違いなくワールドクラス」

2020-21シーズン開幕前、クラブがマンチェスター・シティからドイツ代表FWレロイ・サネを獲得したことで、この男の出場機会は減少するかとも思われていた。しかし、バイエルン・ミュンヘンのFWキングスレイ・コマン(24)は、そんな逆境などものともせずに今季もチームのサイドアタックを支える存在として機能している。

それどころか、コマンの影響力はこれまで以上に大きくなっているのか。今季ここまで、同選手は出場した公式戦19試合で5ゴール10アシストをマークしている。2019-20シーズンが38試合の出場で8ゴール7アシストだったことを考えれば、これは大きな成長だ。一番の課題とされていたクロス精度も大幅に改善されており、今季の成功率(32.6%)は昨季の数字(20.0%)を大幅に上回っている。この数字を見ても、コマンが一皮剥けたことは明らかだ。

元来の強みであったスピードに、正確性も兼ね備えるアタッカーとなったコマン。もはや、彼はブンデスでも屈指のチャンスメイカーになったと言っていいだろう。

「コマンはこれまで僕が対峙したアタッカーの中で、間違いなく最強だった。スピードがあることは知っていたけど、想像よりもはるかに速かったね。それでいて、テクニックもある。間違いなくワールドクラスの選手だと思う」

独『Sport Buzzer』に対して、このように語るのはヴォルフスブルクのU-21フランス代表DFマクサンス・ラクロワだ。同選手は今季堅守を売りとしてここまで4位につける名門クラブの主力DFだが、今季絶好調のコマンにはさすがに度肝を抜かれたようだ。

昨季まではどこか未熟な面もあったが、今季は各方面から称賛の言葉が絶えないコマン。はたして、成長が止まらないバイエルンのスピードスターは、これからどこまでその影響力を高めてくるのだろうか。24歳は着実の世界トップクラスへの階段を駆け上がっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ