悩めるMFに勧められる“トッテナム脱出” デル・アリが向かうべきは……

今季トッテナムで出場機会が激減しているデル・アリ photo/Getty Images

「デルから見ても悪くない話」

好調なチームの中にあって、イマイチその波に乗り切れていない選手がいる。今季、トッテナムで思うように出場機会を伸ばせずにいるMFデル・アリだ。

2015-16シーズンに当時19歳という年齢でブレイクを果たし、以来スパーズの攻撃陣を牽引する存在として活躍してきた同選手。しかし、今季ジョゼ・モウリーニョ監督はデル・アリが最も得意とするトップ下のポジションに、今季MFタンギー・エンドンベレ起用する機会が増えている。その影響により、ここまでのプレイタイムは公式戦10試合でわずか341分。現状、24歳のMFには逆風が吹いていると言わざるを得ない。

かつてはチームの中心だった男が直面する試練のとき。そんななか、かつてリヴァプールなどで活躍し現在は英『talkSPORT』で解説員を務めるダニー・マーフィー氏は、スパーズの悩めるMFに今冬の移籍を勧めている。なかでも同氏はオススメする目的地は、カルロ・アンチェロッティ監督率いるエヴァートンだ。

「デル自身がそのプランに同意するかはわからない。だが、彼をリシャルリソン、ハメス・ロドリゲス、(ドミニク・)カルバート・ルーウィンの攻撃陣に加えると、非常に魅力的なフロント4が完成するはずだ。エヴァートンの問題は現時点で守備陣にあるが、このユニットが完成すれば相手を力でねじ伏せることができるだろう」

「たしかに今季のデルはイマイチだ。とはいえ、彼がここまで短期間で悪い選手になるとは思わない。彼の態度にも問題があるのかもしれないが、その才能とポテンシャルで判断すればエヴァートンにとっては良いビジネスとなる可能性が高いと私は思うよ。デルから見ても悪くない話なんじゃないかな」

リーグでも屈指の攻撃陣を擁するエヴァートン。たしかに、そこへトリッキーなプレイを披露するデル・アリが加われば、さらに攻撃の厚みは増すかもしれない。トッテナムで苦しい状況に立たされるデル・アリだが、はたして彼は今冬移籍市場にてどのような決断を下すこととなるか。トッテナムで燻るトリックスターの動向には、今後も注目したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ