もうA・デイビスの後継者? イングランドにいる“爆速左サイドバック”が大人気

エヴァートンのスモール photo/Getty Images

16歳で世界の注目を集める

昨季世界を震撼させた左サイドバックといえば、バイエルンDFアルフォンソ・デイビスだ。

アタッカーとして育ってきたデイビスはバイエルンで左サイドバックにコンバートされ、これが大ヒット。爆発的なスピードを武器に超攻撃型左サイドバックとしてバイエルンの3冠に大きく貢献した。今では世界最高クラスの左サイドバックの1人と評価されるほどだ。

では、今のイングランドにそのデイビスと比較されている若き左サイドバックがいることをご存知だろうか。すでにビッグクラブから注目を集めている16歳がいるのだ。

その選手とは、エヴァートンのU-18でプレイするティエリー・スモール。今季も左サイドバックながらU-18のカテゴリーで7戦3ゴールを記録しており、その攻撃性が評価されている。

英『Daily Mail』によると、16歳のスモールにはすでにバイエルン、ユヴェントス、ヴォルフスブルク、バレンシア、ベンフィカ、モナコ、アーセナルなど欧州の強豪クラブが関心を示しているという。

その攻撃性とスピードがデイビスと比較されているようで、早くもアルフォンソ・デイビス2世候補の登場だ。スモールはU-23のカテゴリーでも1試合だけプレイしており、同メディアはトップチームでも早い段階からプレイできるのではと期待をかけている。

近年はイングランド人選手が国外でブレイクするケースが続いており、スモールも国外クラブに引き抜かれる可能性がある。エヴァートンとしては早い段階からチャンスを与えていきたいところだが、スモールもワールドクラスの左サイドバックになっていけるのか。イングランドにとっても楽しみな存在だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ