リーグNo.2の“攻撃力”で頂点へ 打ち合える今季のアトレティコは一味違う

リーグ2位につけるアトレティコ photo/Getty Images

ただ守るだけではない

開幕から8試合を消化して6勝2分。今季はアトレティコ・マドリードにリーガ・エスパニョーラ制覇のチャンスが巡ってきているのではないか。

今季はバルセロナとレアル・マドリードの二強が躓いており、すでに2位アトレティコと12位バルセロナの間には9点もの勝ち点差がついている。無敗を維持しているのはアトレティコだけで、今のペースを維持できれば2013-14シーズン以来となるリーグ制覇への道が見えてくる。

内容にも注目したい。今季も無敗と聞けばディエゴ・シメオネ率いるアトレティコらしい手堅いサッカーを想像してしまうが、今季のアトレティコは一味違う。現時点でリーグで2番目に多い18得点を挙げており、攻撃で相手をねじ伏せる戦いも出来ている。

ちなみにリーグで最も多くの得点を奪っているのは首位のレアル・ソシエダ(21得点)だが、アトレティコはソシエダより2試合消化が少ない。8試合で18点奪えているアトレティコのスタートは上々だ。昨季は8試合を終えた段階で7得点しか奪えていなかったため、今の攻撃陣の好調さがうかがえる。

スペイン『MARCA』も敵陣で攻撃的なサッカーが出来ていると評価しており、ジョアン・フェリックス、ルイス・スアレス、ヤニック・フェレイラ・カラスコらが揃う攻撃陣はかなり豪華だ。

ただ守るだけでなく、攻撃で確実に相手を崩してリーグ制覇へ。これまでと一味違うアトレティコこそ今季リーガの頂点に立つクラブか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ