“約9ヶ月ぶり”の4ゴール アザール、アセンシオら銀河系軍団爆発のとき

ついに攻撃が爆発したレアル photo/Getty Images

久しぶりのゴールラッシュ

銀河系軍団と呼ばれてきたレアル・マドリードは、いつの時代も優秀なアタッカーを抱えてきた。

昨季は堅守が自慢のチームと評価されていたが、やはりレアルには攻撃的なサッカーが似合うもの。ウエスカを4-1で撃破した10月31日のゲームに久々の満足感を覚えたサポーターも多かったのではないだろうか。

何よりこのゲームでは負傷が続いていたFWエデン・アザールが先発に復帰し、カリム・ベンゼマ、マルコ・アセンシオと攻撃ユニットを形成。この3枚こそ現レアル攻撃陣の象徴であり、本来はフル稼働してほしいユニットだ。

ウエスカ戦ではアザールにもいきなりのゴールが生まれることになり、やはりベルギーの10番を背負う男の能力は特別だ。

少々寂しい話だが、レアルが4得点以上奪って勝利するのは今年2月9日に行われたオサスナ戦以来のことだ。このときも同じ4-1のスコアで勝利を収めているが、それ以降は大量点を奪えぬ渋いゲームが続いていた。

スペイン『MARCA』も約9ヶ月ぶりのゴールラッシュを称賛し、これが3日に予定されているインテルとのチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節の戦いに繋がるはずと期待をかけている。

レアルはグループステージ2試合を消化して勝ち点を1しか稼げていないため、インテル戦では必ず勝利を収めておきたい。

このウエスカ戦からレアル攻撃陣のギアは上がっていくのか。チャンピオンズリーグの方でもゴールラッシュを披露してほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ