超絶テクニシャンが相手守備陣を破壊する リヴァプールの鍵握る予測不能な男

今夏リヴァプールに加入したチアゴ photo/Getty Images

「最高の解決策になると思う」

今夏リヴァプールにとんでもないテクニシャンが加わった。昨季までは中盤に創造性が足りないとの指摘もあった同クラブだが、2020-21シーズンはそんな声も黙らせることができるはずだ。バイエルン・ミュンヘンから獲得したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがさっそく暴れている。

現地時間20日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦で、後半のスタートから投入され新天地デビューを飾った同選手。まだフィットするには時間がかかるかとも思われたが、そんな中でも同選手は素晴らしいパフォーマンスを披露。45分間のみの出場だったものの、パス成功数は驚異の75回を記録しチームの勝利に貢献した。まさに異次元。この上ないインパクトを残したデビュー戦だったと言っていい。

そんなチアゴが今季リヴァプールの鍵を握ると、同クラブでアシスタントコーチを務めるペップ・リンダース氏は考えている。昨季王者として臨む2020-21シーズン、相手チームは例年よりも自陣に分厚いブロックを形成してくることが予想される。そんな中、チアゴの予測不能なプレイはそれを打ち崩すのにこの上なく有効だと、同氏は次のように自身の考えを語った。英『Daily Mirror』が伝えている。

「チアゴはチームに進化を促し、我々が次のステップへと踏み出すことを確実にしてくれるはずだ。リヴァプールは全体として、相手が予測できないことを仕掛けなければいけない。昨季よりも引いたブロックを崩さなけれならない状況は増えるだろうからね。それぞれのポジションからラストパスを供給し、細かなパスも可能な限りスピーディに繋いでいかねばならない。その点で、チアゴは本当に大きな補強となったよ。うまくいけば、彼は我々が直面するであろう問題に関して、最高の解決策になると思う」

ゴール前にバスを停められた際に、その守備網をどう切り崩していくか。そこが最大の懸念とされていた今季のリヴァプールだが、チアゴの加入によってその心配も杞憂に終わることとなるか。

リヴァプールに加わった頼しすぎる“予測不能なテクニシャン”。はたして、チアゴはどれほどレッズの中盤に創造性をもたらしてくれるのだろうか。その両足から供給される魔法のようなパスで、相手守備陣を崩壊させる姿をファンも楽しみにしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ