欧州クラブが大争奪戦か マラドーナ、リケルメらの系譜を継ぐ南米の逸材MF

アルゼンチンの世代別代表にも選ばれているルナ photo/Instagram

16歳の至宝に欧州クラブ熱視線

ディエゴ・マラドーナ、ファン・ロマン・リケルメ、パブロ・アイマールなど、過去アルゼンチンは数多くの優れたNo.10を輩出してきたが、また新たな“エンガンチェ”が誕生するのか。現在、複数の欧州ビッグクラブから熱視線を送られている逸材MFが同国にいる。

その逸材MFとは、アトレティコ・ラファエラに所属する16歳のMFアレックス・ルナだ。まだトップリーグデビューを果たしていないにもかかわらず、アルゼンチン国内では未来のアルビセレステスを担う存在として早くも大きな期待をかけられている同選手。足元に吸い付くようなスピード感あるドリブルや、素早くパスコースを見つけ出す視野の広さは、もはや育成年代のレベルを超えていると言っていいだろう。ループシュートなどを織り交ぜたフィニッシュ能力も魅力的な選手だ。

そんなルナには、欧州5大リーグクラブも首ったけとなっているようだ。スペイン『as』によると、彼の獲得に興味を示しているのはバルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、アーセナル、ユヴェントス、インテル、ACミラン、パリ・サンジェルマンといったヨーロッパでも屈指の強豪クラブ。まだ16歳の選手が、これだけの関心を集めるというのも珍しいだろう。大きな理由は彼がスペインとの二重国籍を保有していることか。外国人枠を圧迫しないという点も、ルナの人気が高くなっている要因の一つだと同メディアは伝えている。

欧州から熱視線を送られるアルゼンチンの逸材MF。はたして、ルナの争奪戦を制すのは一体どのクラブなのだろうか。現時点でA・ラファエラは交渉に応じない構えを見せているようだが、長い目で彼の動向には注目しておきたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ