魂のマッチ・セーブ・ブロック アーセナルの大型DFにファンはメロメロ状態に

アーセナルが獲得したガブリエウ photo/Getty Images

2試合で補強成功を確信

開幕からまだ2試合を消化しただけだが、早くもアーセナルサポーターのハートを掴んだ者がいる。

今夏にリールから獲得したDFガブリエウ・マガリャンイスだ。

開幕節のフラム戦では得点も記録していたセンターバックのガブリエウは、第2節のウェストハム戦にて本業の守備で大奮闘。ウェストハムにはフィジカル能力の高いFWマイケル・アントニオがいるが、アントニオとの競り合いでも大きく負けることはなかった。

果敢なタックルでボールを奪い返すシーンもあり、シュートブロックの勘も良い。ウェストハム戦ではゴール前の混戦から危ないシーンがあったが、それもガブリエウのブロックで何とか防いでいる。

英『The Sun』も「マッチ・セービング・ブロック」と絶賛しているが、ガブリエウのシュートブロックがなければ勝ち点3を掴めていたかは怪しいところだ。この2試合でアーセナルサポーターのハートをがっちり掴んだと言っていいだろう。

SNS上でもサポーターからは、「試合を救ったのはレノがボールを落とした後のガブリエウのブロックだ」、「ガブリエウは2試合で2度のMOMパフォーマンスだ」、「ガブリエウは周囲のDFに比べて良すぎる」など絶賛の意見が多く出ている。

アーセナルには今夏に若いDFウィリアム・サリバも合流しており、サリバまでフィットすれば守備はかなり安定するのではないか。そう期待させる開幕2試合で、ひとまずガブリエウの獲得は成功と言えよう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ