長友佑都は“日本のサネッティ”となれるか 34歳で迎えるビッグなチャレンジ

インテルでサネッティとプレイしてきた長友 photo/Getty Images

2022カタールワールドカップへ止まれない

長く日本代表の左サイドバックを務めてきた長友佑都は、2011年から7年間プレイしてきたセリエAの名門・インテルで多くの刺激を受けた。

特に当時のインテルには当時世界最高の攻撃的サイドバックの1人と考えられていた元ブラジル代表DFマイコン、クラブのレジェンドであるハビエル・サネッティがいた。

長友も2人のことをリスペクトしていたはずで、中でもサネッティへの尊敬の念は相当なものがあるはずだ。

以前長友はサネッティのように30代後半になっても戦うことを目標と掲げていたが、サネッティは38歳でもアルゼンチン代表としてプレイしていた。

そんな長友も12日に34歳を迎えた。伊『Internews.it』も長友の誕生日を祝福しているが、年齢的には衰えを指摘されてもおかしくない段階に入っている。

トルコの名門・ガラタサライでは構想外の時期も味わうことになり、欧州トップレベルで戦うのはもう限界かと感じた者もいるだろう。

その長友にとって、今夏のマルセイユ行きは非常に大きなトライとなるに違いない。マルセイユでも当面は左サイドバックのバックアッパーとの位置付けになりそうだが、マルセイユで戦えることを証明できれば再び評価は上がるはず。

サネッティはほとんど衰えの気配を見せぬまま、2014年に引退するまでインテルで戦い続けた。

長友も2022カタールワールドカップまでポジションを維持すべく、欧州トップレベルで戦えることを証明していく考えなのだろう。

マルセイユではチャンピオンズリーグの戦いも経験でき、理想的な環境と言える。13日のパリ・サンジェルマン戦でのデビューは指揮官アンドレ・ビアス・ボアスが否定していたものの、酒井宏樹VSネイマール、長友VSキリアン・ムバッペなんて構図が今後見られれば日本のサッカーファンは眠れぬ夜を過ごすことになるだろう。

まずは2番手としてチャンスを活かしていくしかないが、長友はマルセイユで爪痕を残せるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ