“リアル南野拓実”の完成はもうすぐ リヴァプールで見えてきた実験の成果

ファン・ダイクと喜ぶ南野 photo/Getty Images

南野は確実な戦力となる

1月に日本のサッカーファンを沸かせた移籍劇から約9か月。リヴァプールでいよいよ南野拓実のストーリーが本格的に動き出そうとしている。

移籍当初はあまり良いところがなかったが、今夏のプレシーズンでは好パフォーマンスを披露。指揮官ユルゲン・クロップへのアピールは成功しており、確実に計算できる戦力の1人として新シーズンを迎えることになるだろう。

英『Liverpool Echo』も、南野がフィットしてきたことでクロップが「実験」を出来るようになったと取り上げている。

ここでいう実験とは、普段とは異なるシステムを試すことだ。メインシステムは今後も[4-3-3]となるはずだが、南野のフィットにより[4-2-3-1]もオプションになる。それも南野がトップ下の場合もあれば、左サイドで起用する道も見えてきている。

モハメド・サラーを最前線に配し、ロベルト・フィルミーノをトップ下に置くパターンもあるだろう。サディオ・マネを含めた鉄板トリオ&南野でどのような化学反応が生まれるのか。これは今夏のプレシーズンでリヴァプールが最もテストしたかったことと言っていいだろう。

南野もその期待にゴールやアシストで応えており、感触は悪くない。同メディアもこれらの実験により、真の南野になる始まりではないかと期待をかける。

リヴァプールは12日に昇格組であるリーズ・ユナイテッドとの一戦から新シーズンをスタートさせる。ここでいきなり南野にチャンスが巡ってくる可能性もあり、プレミアリーグ初ゴールを決める日はそう遠くないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ