ドイツで躍動する攻撃的MFにレアル熱視線 FWもこなせる万能戦士は来るか

ライプツィヒのオルモ photo/Getty Imgaes

CLベスト4に貢献したスペイン代表MF

今夏の移籍市場において昨季アヤックスでプレイしていたオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの獲得に興味を示していたと、同選手の代理人によって明かされたレアル・マドリード。残念ながらこのMFはマンチェスター・ユナイテッドに移籍することとなってしまったが、たしかに彼らの中盤には若くて活きのいい攻撃的MFが欲しい状況と言えるだろう。リーガ・エスパニョーラを制したとはいえ、このポジションの高齢化は進んでいる。

トニ・クロースは30歳を迎え、ルカ・モドリッチももう34歳。いつ彼らが衰えを見せてもおかしくはなく、実際モドリッチは2019-20シーズンの前半戦にややパフォーマンスの低下が懸念される時期もあった。レアル・ソシエダからマルティン・ウーデゴーを呼び戻したはいいが、やはりまだ不安は残ると言っていいだろう。

そんな中で、レアルが新たな風を取り入れるべく、ドイツで躍動する22歳の中盤戦士に狙いを定めているという。その22歳とはRBライプツィヒに所属するスペイン代表MFダニ・オルモだ。独『Spox』によると、今季チャンピオンズリーグでベスト4に進出したライプツィヒを牽引した同選手をジネディーヌ・ジダン監督は高く評価している様子。今冬ディナモ・ザグレブから新天地を求めたばかりのオルモだが、どうにか引き抜けないかとレアルは道を模索しているとのことだ。

もし獲得に動くとなれば、必要とされる移籍金は4000万ユーロ(約50億円)程度と見込まれる。今年は新型コロナウイルスの影響もあったが、レアルとしてはお手頃のうちに入る値段と言えるだろう。状況に応じてFWのポジションもこなせる彼が加われば、スカッドの幅は大いに広がるはず。はたして、白い巨人はこのスペイン代表MFの確保を成功させることができるのだろうか。難しいミッションとなることが予想されるが、移籍市場閉幕までにできる限りのアプローチはしていきたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ