リヴァプールに出てきた17歳の“巨人DF” 衝撃を与えた195cmの20分

南野と競り合うクメティオ photo/クメティオのInstagramより

ファン・ダイクの未来のパートナー候補

先日シュツットガルトとテストマッチを戦ったリヴァプールにて、20分間の衝撃を残したプレイヤーがいる。

サポーターの間で話題となったのは、17歳のDFビリー・クメティオだ。

68分からピッチに入ったクメティオは、フランス出身の左利きセンターバックだ。195cmものサイズを誇っており、約20分と短い時間で大きなインパクトを残してみせた。

195cmのプロフィールを見ても分かる通り、パワー勝負と空中戦には迫力がある。サイズ的にはトップチームでも通用するものがあるだろう。

それに加え、足下のテクニックも悪くない。このゲームでもロングフィードを選択する機会が何度かあり、キック精度には本人もある程度の自信を持っているようだ。

もちろんトップチームで出番を掴むまでには、もう少し時間が必要だろう。しかし、サポーターの間からは早くもトップレベルのセンターバックになるはずと期待する声が出ている。

「クメティオを見ると、今後16年ほどはセンターバック問題が解決されると感じた」

「クメティオは本当に印象的だった」

「トップレベルのセンターバックになるための全てのツールを備えているように見える」

リヴァプールのセンターバックといえば、このゲームでも先発したフィルジル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスが軸だ。

若手ではファン・ダイク2世とも期待される18歳のオランダ人DFセップ・ファン・デン・ベルフもいる。

クメティオはそのセップ・ファン・デン・ベルフと交代でピッチに入ったわけだが、セップ・ファン・デン・ベルフとクメティオが順調に伸びればリヴァプールの将来は安泰と言えるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ