デ・ブライネに負けぬ“陰の実力者” マンCでCL全試合フル出場のMFがいる

マンCのギュンドアン photo/Getty Images

中盤に君臨する精密機械

ラヒーム・スターリング、ケビン・デ・ブライネ、ガブリエウ・ジェズス、セルヒオ・アグエロ。彼らは今のマンチェスター・シティにおけるスーパースターだ。

彼らに注目が集まるのは自然な流れだが、他にも忘れてはいけないキーマンがいる。

その選手とは、今季のチャンピオンズリーグでグループステージ第1節から準々決勝のリヨン戦まで全試合にフル出場した者のことだ。

少し意外かもしれないが、今季のチャンピオンズリーグ全試合にフル出場したのはMFイルカイ・ギュンドアンだ。

フル出場で計810分間を戦ったわけだが、これはGKエデルソン・モラエス(676分)、MFフェルナンジーニョ(653分)、MFロドリ(626分)らよりも多く、ギュンドアンはマンCにおける陰の実力者的存在なのだ。

同じ中盤でもデ・ブライネほど派手なアシストを決めるわけではない。実際、ギュンドアンは決勝トーナメントに入ってからゴールもアシストも記録していない。スーパースターとは言いにくいかもしれない。

しかし英『Manchester Evening News』は相手のプレスを軽くいなしてパスを繋ぎ、守備面でも確実にギャップを埋めてくれるギュンドアンを過小評価してはならないと主張している。

中盤で自由が許されているデ・ブライネのような選手には、下からサポートしてくれるギュンドアンのようなサッカーIQの高い選手が必要なのだ。

全試合にフル出場させていることから、指揮官ジョゼップ・グアルディオラもギュンドアンに全幅の信頼を置いていることが分かる。得点数やアシスト数だけで見れば貢献度は不十分と言われてしまうのかもしれないが、中盤の底からボールを確実に回していく中でギュンドアンは欠かせない存在なのだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ