スアレス、カバーニをも超える“世界最強FW”の証明 鉄人ストライカーの凄さ

ゴールを喜ぶレヴァンドフスキ photo/Getty Images

抜群の安定感こそ最大の強み

クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシを除けば、近年はルイス・スアレス、エディンソン・カバーニ、ロベルト・レヴァンドフスキらが世界最高級ストライカーとの評価を得てきた。

では、その中でNo.1のFWは誰なのか。その答えが見えてきたかもしれない。

スアレス、カバーニもワールドクラスのストライカーであることは間違いないが、直近10年間で最高のストライカーはバイエルンの絶対的エース・レヴァンドフスキではないか。

レヴァンドフスキ最大の強みは継続性だ。今季はすでに全てのコンペティションを合わせ53得点を記録しており、2015-16シーズンから5シーズン連続での40点超えだ。

鋼の肉体を持つレヴァンドフスキは滅多に怪我をしない。そのため、毎シーズンのゴール数が計算しやすい。継続性ではスアレス、カバーニを上回ると言っていい。

スアレスとカバーニはレヴァンドフスキより2つ歳上の33歳だが、スアレスは今季も昨季も20点台に留まっている。

カバーニの方は今季が7点、昨季は23点だ。もちろんプレイしているリーグが違うため、単純な比較は難しい。それでもレヴァンドフスキの数字が2人に比べて印象的なのは間違いない。

また、今季のレヴァンドフスキはチャンピオンズリーグで13得点を記録している。まだ試合が残っていることを考えると、数字はさらに伸びるかもしれない。

これに対してスアレスとカバーニはキャリアの中で1度もチャンピオンズリーグでのシーズン得点数が二桁に乗ったことはない。

今季のレヴァンドフスキはさらに覚醒した感もあり、そのインパクトはスアレスやカバーニ、カリム・ベンゼマといったストライカーをも超えたのではないか。

衰えの気配は感じられず、鉄人ストライカーとして来季も得点を量産してくれることだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ