20歳で“スターリング級”のドリブル能力 マンCに加入のF・トーレスとは誰だ

バレンシアで活躍してきたトーレス photo/Getty Images

ワールドクラスのアタッカーになれる素質

マンチェスター・シティがバレンシアから獲得した20歳MFフェラン・トーレスとはどんな選手なのか。

スペインの世代別代表でプレイしてきた同国期待の若手アタッカーであり、スペイン国内では有名な存在だ。それでも、マンCサポーターの中にはトーレスの特長を知らないという人も多いはず。

マンC加入で期待されるのは、得意とするドリブルを活かしたチャンスメイクだ。

主に右のウイングをこなすトーレスは、今季バレンシアでリーグ戦54回のドリブル成功数を記録している。これはゴンサロ・ゲデス、ダニエル・パレホらを抑えてバレンシア1位の数字だ。(Whoscoredのデータより)

この数字はマンCアタッカー陣と比較しても大きな差はない。今季マンCで最もドリブルを成功させたのは、FWラヒーム・スターリングで56回、2位はFWリヤド・マフレズで52回だ。つまりトーレスの54回を上回るのはスターリングのみということになる。

マンCはFWレロイ・サネをバイエルンに売却しており、突破力の面だけを見ればトーレスは後釜にふさわしい。そのドリブルから攻撃にアクセントを加えてくれるに違いない。

また決定機演出数も、今季のトーレスはリーガ・エスパニョーラ全体で9番目に多い9回を記録。セルヒオ・アグエロやガブリエウ・ジェズスに多くのチャンスボールを供給してくれることだろう。

課題は得点力と守備力か。今季リーグ戦での得点数は4点と、やや物足りない。ここはもう少し増やしていきたい。

またマンC指揮官ジョゼップ・グアルディオラは守備のポジショニングなど、何かと要求の多い指揮官だ。まずはそのスタイルに適応しなければならない。フィットするまでには少し時間を要するだろう。

それでも攻撃面の才能は確かで、グアルディオラの指導でさらに伸びるはず。スターリングのようにゴールも量産できるワイドアタッカーになれるのか。グアルディオラがどう活かしてくるのか楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ