“66%”のファンは退団もありと考える? 日本の未来・堂安律の気になる立場

PSVの堂安 photo/Getty Images

1年目は失望の結果に

新型コロナウイルスの影響により、オランダ・エールディヴィジは今年4月にリーグの中止を決定した。

最後まで続けていればどうなったかは分からないが、今季のエールディヴィジではちょっとした異変も起きていた。

アヤックスと並ぶ名門のPSVが大苦戦を強いられたのだ。26試合を終了した段階では4位に沈んでおり、AZとフェイエノールトに追い抜かれていたのは許されることではない。

PSV苦戦の理由の1つに挙げられているのが、昨夏に獲得した新戦力組がヒットしなかったことにある。

FWブルーマ、DFティモ・バウムガルトル、そして日本代表MF堂安律だ。

彼らには大きな期待がかかっていたが、いずれもインパクトを残せなかった。しかもシーズン途中にはFWステーフェン・ベルフワインがトッテナムに引き抜かれ、今季のPSVにはアヤックスと競り合うだけの体力がなかった。

気になるのは堂安の2年目だろう。オランダ『Soccernews』は堂安には今もサウサンプトン、シャフタール・ドネツク、CSKAモスクワなどが関心を抱いているため、早い段階での退団の可能性も排除できないと見ている。

PSVは新シーズンより指揮官がロジャー・シュミットに代わるが、シュミットが堂安をどう使うつもりなのかは分かっていない。新シーズンも状況を変えられないのであればピンチだ。

同メディアのアンケートでは、実に66%のサポーターが堂安を手放す案に賛同している。

PSV1年目は期待に応えることに失敗したが、堂安の未来はどうなるのか。東京五輪世代でも中心的な存在となっているだけに、堂安の足踏みは気になるところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ