「これは気の毒だ」 サッスオーロ衝撃の“ゴール取り消し4連発”が辛い[映像アリ]

オフサイドで何度もゴール取り消しに photo/Getty Images

結局は無得点で終わる

無観客試合で選手たちの声が聞こえてくるからこそ、余計にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が残酷に思えてくる。

25日に行われたナポリVSサッスオーロの一戦では、サッスオーロが猛攻を仕掛けて4度もネットを揺らしてみせた。

そのたびにサッスオーロの選手やベンチからは歓喜の声が沸き起こるのだが、これら全てがオフサイドで無効となった。VARも介入することになり、結局スコアは2-0でナポリが勝利。サッスオーロにとってはあまりにも辛いゲームとなってしまった。

こうした細かい部分までチェックできるのがVARの良さであり、オフサイドやハンドなど誤審は確実に減る。よりフェアな形でゲームが進行できるようになったわけだが、さすがに1試合で4度もゴールが取り消されるのは精神的に厳しいか。

SNS上では賛否両論といったところだ。VARの良さを主張するファンもいれば、サッカーを楽しめないといった意見も出ている。

「サッスオーロが気の毒だ」

「サッスオーロのFW陣はもっとタイミングを合わせないと」

「VARはサッカーをつまらなくしている」

サッカーファンによって意見は様々だろう。今回もナポリの2-0勝利が正しい結果だが、歓喜と絶望が何度もやってくるVARの嵐に嫌気がさしたファンもいたようだ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ