[MIXゾーン]冴えわたった浮嶋采配 ベルマーレの初勝利を呼び込んだ微調整とは

値千金の決勝ゴールを挙げた石原直樹(左) photo/Getty Images 

布陣変更が功を奏する

2020年のJ1リーグ第5節終了時点で、1分け4敗と勝利がなかった湘南ベルマーレ。22日に行われた第6節でも鹿島アントラーズに終始ボールを支配され、自陣に釘付けとなる時間が続いたものの、後半21分に得たコーナーキックからFW石原直樹が先制ゴールをゲット。ベルマーレはこの1点を守り抜き、今季のリーグ戦初勝利を挙げた。

この試合、ベルマーレは松田天馬と岩崎悠人の2人を最前線、金子大毅を中盤の底、齊藤未月と山田直輝をインサイドMFに置く[3-1-4-2](守備時5-3-2)の布陣でスタート。前半はアントラーズに決定機を作らせなかったものの、3人のセントラルMFの両脇のスペースを相手のアタッカー陣に使われかける場面もあった。

ベルマーレの守備がより強固になったのは、ハーフタイムに中川寛斗が投入され、基本布陣が[3-4-2-1](守備時5-4-1)に変わった後半開始以降。2シャドーのポジションに入った中川と松田がサイドの守備をこなすようになり、[5-3-2]の布陣ではカバーしきれなかった中盤のサイドのスペースが埋まる形に。チーム全体の運動量が落ちた試合終盤こそアントラーズの猛攻に晒されたものの、ベルマーレの浮嶋敏監督が施した布陣変更が功を奏し、無失点で試合を終えることに成功した。浮嶋監督は試合後の会見で、[3-4-2-1]の布陣がもたらした効果を口にしている。

的確な布陣変更でチームに初勝利をもたらした浮嶋監督 photo/Getty Images 

「[3-4-3(3-4-2-1)]の形は長年やっている選手も多いですし、今日前線に入った石原直樹も[3-4-3]の真ん中をやってきているので、練習はそこまでやってないんですけど、相手のサイドのところからのロングボールを含めて、そこに1枚くさびになるような両選手を置くという布陣は元々考えていました。1点取るまで我慢かなと思っていたんですけど、最後はプラン通りになりました」

後半12分に投入された石原が前線での的確なポジショニングで味方からのパスを引き出したほか、値千金の決勝ゴールを挙げるなど、この日は同監督の采配が的中。昨年10月にトップチームの監督に就任し、同クラブをJ2降格の危機から救った知将から、今後も目が離せない。


参照元:youtube



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!  

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ