18歳が“エース以上”の存在感!? 「ラッシュフォードよりも優れている」

マンUのグリーンウッド photo/Getty Images

クラブOB大絶賛

現在のマンチェスター・ユナイテッドにおいて、エースと呼べる存在といえばFWマーカス・ラッシュフォードだろう。ここまでリーグ戦29試合に出場し17得点を記録している同選手。かなり早い時期から期待をかけられていた同選手だが、今季ようやくその才能が開花した印象だ。

しかし、今のマンUにはそのラッシュフォードをも凌ぐ才能を備えた若きストライカーがいる。そう主張するのはクラブOBのドワイト・ヨーク氏だ。同氏が最高級の評価を与えたのは18歳のFWメイソン・グリーンウッド。オーレ・グンナー・スールシャール監督によって見出されたヤングタレントにヨーク氏はメロメロのようで、彼こそ現在のチームで最高の選手だと彼は次のように語っている。英『Daily Mirror』が伝えた。

「メイソンは今、各方面から素晴らしい称賛を得ている。今のユナイテッドでは若い選手が常にチャンスを得ているね。LVG(ルイ・ファン・ハール)や(ジョゼ・)モウリーニョの下で彼らはなかなかチャンスに恵まれなかったが、監督がオーレに交代してからは見違えるようだ。特にメイソンは相手DFにとって悪夢のような存在となっている。素晴らしい才能を感じさせる選手で、その成績を見るに私は彼がラッシュフォードよりも優れていると感じるね。メイソンはまだ発展の途上にある18歳の選手だけれど、オーレによってさらにビッグな選手になると確信しているよ」

エース格とされるラッシュフォードをも凌駕する存在感と、先輩に絶賛されたグリーンウッド。今季ここまで公式戦16ゴールと好調なだけに、そう評価されるのもある意味当然と言えるか。マンUが発掘した巨大な才能はオールド・トラッフォードで着実に伸びている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ