日本の“番人”がいざドイツ1部へ ミスリンタート最高の補強と大絶賛

シュツットガルトの遠藤航 photo/Getty Images

1部昇格に大きく貢献

今季開幕当初はどうなることかと思われたが、ドイツの地で最高級の評価を受けている男がいる。

シュツットガルトの1部昇格に貢献した日本代表MF遠藤航である。

ベルギーのシント・トロイデンからレンタルで加わった遠藤は、当初全く出番がなかった。ところがシーズン中盤よりチームは遠藤の価値に気付き、そこからは不動のフィルター役として奮闘。チームに欠かせぬキーマンとして1部昇格へ貢献することになった。

シュツットガルトはその活躍から、170万ユーロを支払って遠藤を完全移籍での獲得に切り替えた。来季より遠藤は1部の戦いに挑むことになる。

独『Bild』も遠藤のことを絶賛する。シュツットガルトではドルトムントやアーセナルなどで仕事をしてきた敏腕スカウトのスヴェン・ミスリンタートがディレクターを務めているが、遠藤のことを「ミスリンタート最高の補強」と評しているのだ。

シュツットガルトにとって遠藤の獲得はそれほど大きいものだったのだろう。また今季の活躍から市場評価額も上がっており、遠藤は現在250万ユーロまで価値が上昇してきている。

170万ユーロで完全移籍へ切り替えたことについても、同メディアはそれだけの価値がある投資と認めてくれている。

自身の実力がバイエルンやドルトムントの攻撃陣相手にも通用するのか。来季はそれを試す絶好の機会であり、日本の守備職人・遠藤の活躍が楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ