ナポリが狙うは“NEXTカバーニ” スペインで評価急上昇のウルグアイ代表FW

すでにウルグアイ代表にも選出されているヌニェス photo/Getty Images

退団濃厚ミリクの代役確保へ

ナポリは今夏センターフォワードの補強に動く可能性が高いとされる。それも同ポジションのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクに退団の可能性が浮上しているためだ。同選手は今季ここまでチーム最多となるリーグ戦10ゴールを記録。セリエAで確かなインパクトを残しており、ビッグクラブからの注目が集まっている。

先日は同クラブのクリスティアーノ・ジュントーリSDも、ミリクに関しては「現段階では新契約に同意するよりも、売却されることのほうが可能性としては高い」と発言。もはや彼の売却は既定路線か。

そうなれば、ナポリはミリクの後釜確保に動きたいところ。はたして今夏、彼らはどんなストライカーに目を向けるのだろうか。スペイン『MARCA』によると、ナポリが熱視線を送るのはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で研鑽を積む若手FWだ。

その選手とはアルメリアに所属するウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。身長187cmという恵まれた体格を誇りつつも多彩なゴールパターンを持つ選手で、今季は鋭い抜け出しやヘディングで29試合に出場し大量15ゴールを奪っている。大型の本格派ストライカーであることから、同メディアは「新しいカバーニ」とこの21歳を称し、ナポリにも問題なくフィットするはずと伝えている。

ウルグアイに出現した新たな強力ストライカー候補であるヌニェス。はたして今夏、ナポリはこの若き才能を無事確保することができるのか。他のビッグクラブもヌニェスには注目しているとされるが、“NEXTカバーニ”獲得に本家の古巣が近づいている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ