CL決勝のカードはどうなる!? マンC、PSGも届かぬファイナル大予想

バイエルンの安定感は群を抜く photo/Getty Images

米メディアが優勝予想

新型コロナウイルスの影響により、今季のチャンピオンズリーグは変則的なスケジュールで行われることになっている。

まずは8月7日と8日にマンチェスター・シティVSレアル・マドリード、ユヴェントスVSリヨン、バルセロナVSナポリ、バイエルンVSチェルシーの決勝トーナメント1回戦2ndレグを行い、12日から準々決勝の戦いがスタートする。

昨日には準々決勝以降の組み合わせも発表されたが、果たしてどこが頂点に立つのか。さっそく米『ESPN』は組み合わせ抽選の結果に合わせ、優勝予想を展開している。

結論から紹介すると、同メディアが予想したファイナルのカードはバイエルンVSアトレティコ・マドリードだ。

バイエルンはまだチェルシーとの2ndレグが残っているが、1stレグにて3-0の完勝を収めている。問題なく準々決勝進出を決めるだろう。

準々決勝ではバルセロナVSナポリの勝者と対戦することになるが、どちらが勝ち上がってきても今のバイエルンには敵わないと考えられている。

準決勝ではマンC、レアル、ユヴェントス、リヨンのいずれかと対戦することになるが、同メディアはマンCが勝ち上がってくると予想。バイエルンVSマンCのカードも見応え十分だが、マンCの守備力でバイエルンの攻撃を抑えるのは難しいと評価されている。こちらのブロックから決勝へ進むのはバイエルンとの予想だ。

一方のアトレティコはややブロックが楽だ。準々決勝ではライプツィヒと対戦することになっているが、経験値ならディエゴ・シメオネ率いるアトレティコが上。試合巧者アトレティコの方が有利と同メディアは考えている。

準決勝ではアタランタVSパリ・サンジェルマンの勝者と激突するが、意外にもアタランタがパリに勝つと予想されている。パリが長い間試合から遠ざかっているため、コンディションの部分でアタランタの方が有利と考えられているのだ。

アタランタの攻撃力は脅威だが、それでもアトレティコの方が上と同メディアは評価。決勝はバイエルンVSアトレティコとの予想だ。

では、決勝はどちらが勝つのか。ここではバイエルンが勝つと予想されている。予想通りならアトレティコはまたも準優勝ということになるが、果たしてこの変則的なチャンピオンズリーグを制するのはどのチームか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ