これをロイ・キーンに見せろ ポグバ&ジェイムズの“面白ダンス”が話題呼ぶ[映像アリ]

マンUのポグバ photo/Getty Images

これが今の若者のやり方か

これがジェネレーションギャップというやつなのか。以前からマンチェスター・ユナイテッドでは、ポール・ポグバやジェシー・リンガードらお調子者組がよくドレッシングルームで踊りを披露していた。

これについてサッカー界のOBからは批判的な意見もあり、ロイ・キーンらがドレッシングルームにいた時代では考えられないと釘を刺されたこともある。当時は成績が安定していなかったこともあり、余計にSNSに投稿されるダンス映像が問題視されることになったのだ。

しかし、ポグバら若者のスタンスは変わらない。今もマンUのドレッシングルームにはハッピーで賑やかな雰囲気が流れ続けているようだ。

英『METRO』も映像を紹介しているが、映像ではポグバとFWダニエル・ジェイムズが何やら陽気なダンスを披露。場をかなり盛り上げている。





これに関して英『Daily Mail』は、「キーンなら何て言うだろう?」と指摘。当時ならばこんな陽気なダンスは許されないのかもしれない。

ただ、今は少し状況が違う。優勝争いには絡めなかったが、ここ最近のマンUは結果が出ている。来季に向けて希望が広がっており、こうしたダンスも許されそうな気配がある。

実際SNS上でも、「ドレッシングルームは非常に良い感じに見える」、「ハッピーなドレッシングルームだ」など、チームの空気の良さを喜ぶ意見も多い。

一方、「これをロイ・キーンに見せろ」、「ロイはハッピーではないだろう」、「ジェイムズはスタメンを奪い返すために集中すべき」などお馴染みの苦言も出ている。

今は結果が出ていることもあってハッピーに捉えられる映像だが、おそらくは今後もドレッシングルームでこのノリが続いていくのだろう。来季は優勝争いに絡んでもっとド派手なダンスを見たいものだ。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ