“ロリス2世”となれるか イングランドが関心を寄せるリールの若き守護神

注目集めるメニャン photo/メニャンのInstagramより

ロリスもフランスからイングランドへ移籍

リヨンからトッテナムへ移籍し、そこでの活躍からフランス代表守護神の座を長年守ってきたGKウーゴ・ロリス。

2018ロシアワールドカップでもロリスはチームの優勝に貢献しており、GKとして見事なキャリアを築いてきた。

そして今、ロリス2世と呼ばれるフランス人GKが人気を集めている。リールでプレイする24歳のマイク・メニャンだ。

パリ・サンジェルマンの下部組織で育ってきたメニャンは、2015年夏にリールへ移籍。すでにリールでは守護神の座を確保しており、昨年にはフランスA代表にも招集されている。

まだフランス代表の守護神はロリスのままだが、後継者の1人なのは間違いないだろう。ロリスが代表を去ったあとは、レアル・マドリードに所属する27歳のアレフォンス・アレオラらとポジションを争うことになる。

英『TalkSport』によると、そんなロリス2世候補にトッテナムとチェルシーが関心を示しているという。

ロリスも33歳を迎えており、トッテナムもそろそろ後継者探しといったところか。トッテナムへメニャンが向かえば、まさにロリス2世だ。

チェルシーの方もケパ・アリサバラガの立場が微妙なものとなっているため、新GK探しも今夏のミッションの1つとなっているはず。メニャンも候補者の1人か。

果たして将来的にロリスから守護神の座を奪うのは誰になるのか。メニャンのステップアップに注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ