爆速サイドバックor経験豊富サイドバック レアルを悩ませる右サイドの争い

レアルのカルバハル photo/Getty Images

1番手選びが難しすぎる

今夏にもレアル・マドリードが迷うことになるのが、右サイドバックの1番手争いだ。

実績では今も1番手であるダニエル・カルバハルが上回るが、この2年間でドルトムントにレンタル移籍していた若いアクラフ・ハキミが急激に評価を上げてきた。

スペイン『MARCA』はレアルがカルバハルorハキミのジレンマを抱えていると取り上げる。

ドルトムントのハキミ photo/Getty Images

ハキミはレアルと2023年までの契約を結んでおり、評価されていると感じた場合はレアルへ戻りたい考えだという。つまりは、出場機会を確保できるならばレアルへ戻りたいということだろう。カルバハルの控えとの立ち位置には納得しないはずだ。

ハキミの強みは爆発的なスピードを活かした攻撃参加にあり、攻撃力ならばカルバハルを上回っていると言っていい。サイドハーフも担当できるハキミの攻撃力は強烈だ。

一方でカルバハルには21歳のハキミを圧倒的に上回る経験がある。守備の対応などはカルバハルの方が上で、チャンピオンズリーグなどハイレベルな戦いを知り尽くしている点も大きい。年齢も28歳と今後数年間はトップレベルを維持できる。

どちらも1番手にふさわしい実力だが、レアルはどちらを選択するのか。バイエルンやパリ・サンジェルマンがハキミ奪取の機会を探っていると言われており、レアルは今夏に大きな決断を迫られることになる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ