リオ五輪で日本苦しめた大型FW 浅野と同じセルビアで17ゴールの大爆発

パルチザンでプレイするウマル photo/ウマルのInstagram

活躍の場はセルビアへ

セルビアの名門パルチザン・ベオグラードでは、日本代表FW浅野拓磨が奮闘を続けている。パルチザンでは一定の出場機会を確保しており、浅野としてはここからステップアップしていきたいところだろう。

実はそのパルチザンには、もう1人注目しておきたいプレイヤーがいる。2016年のリオデジャネイロ五輪にてU-23日本代表だった浅野と顔を合わせているナイジェリア人FWウマル・サディクだ。

リオデジャネイロ五輪で日本相手にゴールまで決めた192cmの大型FWウマルは、昨夏よりローマからのレンタル移籍でパルチザンに加入。今冬には完全移籍での加入が決まったところだ。

ウマルはリオデジャネイロ五輪での活躍もあってローマでも期待されていたのだが、ボローニャ、トリノ、オランダのNACブレダ、スコットランドのレンジャーズと渡り歩く中で結果が出せず。ついにパルチザンに完全移籍することとなった。

とはいえ、ウマルのポテンシャルは確かだ。英『90min』も改めてウマルの能力を取り上げているが、今季パルチザンにてウマルは17得点16アシストを記録している。ナイジェリア人選手の中では、今季欧州リーグで最も多くのゴールに関与しているプレイヤーなのだという。

おそらくウマルがパルチザンへ向かったことを多くのサッカーファンは知らなかっただろう。セリエAで結果が出なかったことから少々影が薄くなっていたが、23歳の大型ストライカーがついに本領を発揮している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ