追いかける天才・エジルの背中 アーセナルが活かしたい若き攻撃的MF

ハダースフィールド・タウンの一員としてプレイするエミール・スミス・ロウ(左) photo/Getty Images

後継者候補の1人

今季のアーセナルではガブリエウ・マルティネッリ、ブカヨ・サカら若手が躍動しているが、レンタル組も忘れてはならない。

中でも才能豊かなプレイヤーと考えられているのが、今年1月よりハダースフィールド・タウンにレンタル移籍しているMFエミール・スミス・ロウだ。

プレミア・チャンピオンシップ(イングランド2部)では今季10試合に出場して1得点3アシストとまずまずの活躍を披露。19歳の攻撃的MFは、将来的にアーセナルを引っ張る存在になることが期待されている。

英『Football London』によると、追いかけるのは大先輩メスト・エジルの背中だ。エミール・スミス・ロウはエジルをリスペクトしていると語っており、アーセナルでエジルとトレーニング出来たことを喜んでいる。

「僕はユーティリティ性があり、複数のポジションをこなせる。だけど、最も楽しんでプレイできるのは10番の位置だよ。アーセナルではエジルを大いに尊敬している。トレーニングでは彼の動きから、小さなタッチまで見ている。彼と毎日トレーニングできること以上に良いことなど考えられない」

今はマンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネのことも参考にしているようで、エミール・スミス・ロウが目指すモデルが何となく見えてくる。エジル、デ・ブライネのように中盤からアシストを量産するプレイヤーとなることが理想なのだろう。

近いうちにエミール・スミス・ロウも必ずアーセナルの戦力となるはずで、エジルの後継者候補の1人と言って問題ない。サポーターもエミール・スミス・ロウの才能には期待をかけているはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ