20歳未満では“欧州2位”の数字!? 19歳・久保の才能がマジョルカのカギ

マジョルカの久保 photo/Getty Images

4日に19歳の誕生日

リーガ・エスパニョーラ再開後、マジョルカのキーマンとなるのは誰なのか。これはお世辞抜きで日本代表MF久保建英となるだろう。

久保は今月4日に19歳の誕生日を迎えたが、スペイン『EstadioDeportivo』もマジョルカが久保の才能を頼りに降格圏から抜け出すと伝えており、18位と未だ下位に沈むマジョルカにとって久保は重要な存在なのだ。

何より久保は2月21日のレアル・ベティス戦で1得点1アシスト、3月7日のエイバル戦で1得点と、リーグ中断前に調子を上げてきていた。この流れを継続できるならば、マジョルカのキープレイヤーとなるのは間違いない。

また『Opta日本語版』では、「欧州五大リーグでプレイする20歳未満選手のラストパス本数ランキング」にて久保が2位に入っていることを取り上げている。

久保はここまで20本記録しており、チェルシーのカラム・ハドソン・オドイ(18本)、レアル・マドリードのヴィニシウス・ジュニオール(16本)を上回っている。マジョルカにとって久保のチャンスメイク能力は極めて重要なのだ。

ちなみにこのランキングの1位はバイエルンで躍動する左サイドバックのアルフォンソ・デイビス。驚異のスピードを持つ19歳は35本のラストパスを記録しているという。

マジョルカでは190cmのサイズを誇る大型FWアンテ・ブディミル、21歳と若いコロンビア代表FWクチョ・エルナンデス、そして久保といった攻撃陣が残留へのカギを握ることになる。

久保は19歳の1年間も飛躍の年とできるのか。まずはマジョルカで再開後に快調なスタートを切ってほしいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ