21歳FWのナポリ行き報道は“事実無根” 「自分から話すまで全部無視して」

ナポリへの移籍報道を完全否定したオシムヘン photo/Getty Images

ヤングスターを巡る争奪戦はまだ続く

新怪物候補の若きストライカー争奪戦は、まだまだ白熱した展開を繰り広げることとなりそうだ。リーグ・アンのリールに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンが、自身の今夏去就についてコメントしている。

昨夏ベルギーのシャルルロワからリールにやってきたオシムヘン。今季は加入初年度ながら公式戦38試合に出場し、18ゴール6アシストとリール攻撃陣の中心に君臨した。アーセナルとACミランへそれぞれ移籍したニコラ・ペペとラファエル・レオンの穴を見事に埋める活躍を披露している。

そんな大車輪の活躍を見せた21歳の若き才能をビッグクラブが放っておくはずもなく、彼にはインテルやユヴェントス、バルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドといったクラブから熱視線を受けていた。そのなかで、先日はナポリがオシムヘンとの個人合意に至ったとの報道が。しかし、これはフェイクニュースだったようで、オシムヘン本人がこの報道を否定している。

「ナポリと合意したって報道が出たけど、それは全て間違いだ。僕はまだどこともサインを交わしてはいないよ。一部のジャーナリストが偽りの情報で騒いでいることに驚いているよ。移籍については、僕の口から皆に話すまでいかなるニュースも無視してくれ」

母国メディア『Omasports』に対して、オシムヘンはこのように訴えている。一度世に出てしまった報道を否定するのは骨が折れるだけに、本人はとんだ迷惑といったところか。期待の新星FWを巡る大争奪戦はまだまだ続くこととなりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ