アルトゥールの移籍話はまだまだ終わらない いったいなぜ?

バルサがユーヴェ行きをプッシュか

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールの移籍話は、まだまだ終わりを迎えなさそうだ。

2018年夏にバルセロナへ移籍した現在23歳のアルトゥール。加入初年度から主力として活躍し、今季もここまで怪我に苦しむ場面もあったが、公式戦23試合に出場して4ゴール4アシストを記録している。

そんな同選手に目をつけたのが、イタリアの絶対王者ユヴェントスだ。今夏の移籍市場でメインターゲットのひとりとされ、MFミラレム・ピャニッチとのトレードが近づいていると噂されていた。ただ先日、いくつかのメディアが「アルトゥールがユヴェントスにバルセロナ残留の意向を伝えた」と報じており、この移籍話は幕を閉じたかに見えた。

しかし、スペイン『as』によると、アルトゥール本人はバルセロナを離れるつもりがないようだが、クラブ側はピャニッチの獲得を望んでおり、ユヴェントス行きをプッシュし続けているという。ここ数ヶ月の怪我による懸念や少々調子の波があることが、その要因となっているようだ。ユヴェントスはアルトゥールの獲得を諦めたといった噂もあるが、同選手の去就はいかに。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ