スピードスターの加入をエースも待っている バイエルンが求める快速FW

バイエルン移籍の噂が浮上しているサネ photo/Getty Images

レヴァンドフスキが言及

ドイツのスピードスターにはかねてより母国復帰の噂が絶えないが、今後彼は本当にブンデスリーガへ帰還することとなるのだろうか。マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・サネの去就はいまだ不透明だ。

2016年夏にシャルケからマンCに加入したサネ。移籍後しばらくは左サイドのアタッカーとして躍動していた同選手だが、昨季から出場機会が激減。今季も昨年8月に行われたリヴァプールとのコミュニティ・シールドで右膝前十字じん帯を損傷し、出場できない状況が続いている。

この影響もあり、マンCで厳しい立場に立たされているサネ。そんな苦境のドイツ代表アタッカーに目をつけたのが、母国の強豪バイエルン・ミュンヘンだ。彼らは昨季からサネの獲得を目論んでおり、次の移籍市場において遂に獲得が叶うのではと噂されている。

加入となれば、バイエルンにとって大きな戦力となることは間違いない。現エースも心の中ではサネの加入を心待ちにしているか。FWロベルト・レヴァンドフスキは、このドイツ代表FWがチームに新たな解決策をもたらしてくれるだろうと期待感を口にする。独『Spox』のインタビューにて、同選手は次のように語っている。

「彼についてはたくさんの憶測が飛び交っている。サネはチームメイトとうまく調和を取れる素晴らしいスキルの持ち主だ。現時点ではそれしか言えないかな。プレミアリーグやチャンピオンズリーグだけでなく、シャルケでも彼が何をしてきたかは見ているよ。バイエルンに来れば、サネは試合の中でチームが新たな解決策を見出すのを手伝ってくれるだろうね」

現段階であまり多くを語らなかったレヴァンドフスキだが、サネに対する期待値が高いことはこのコメントからも窺える。はたして、ドイツのスピードスターは来季バイエルンでプレイすることとなるのだろうか。彼の動向には今後も注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ