残せばチームに悪影響? マンUは“中盤の主役”をどう扱う

マンUのポグバ photo/Getty Images

クラブOB「即刻手放すべき」

マンチェスター・ユナイテッドには“中盤の主役”となれるだけ能力を備えたスターがいる。フランス代表MFポール・ポグバだ。

調子に波はあるものの、好調時には手が付けられない攻撃力でチームに絶大な貢献を果たす同選手。オーレ・グンナー・スールシャール監督も重要な戦力としてカウントしているはずで、怪我が癒えリーグ戦が再開されればまた彼はマンUの中盤に戻ってくることだろう。

しかし、その一方でポグバには気になる点がいくつかある。一瞬の輝きはワールドクラスだが、基本的に彼は走らない。守備に戻らず、闘わず、キャプテンシーも発揮しない時間が多すぎるのだ。ピッチ外の行動も相まって、マンUファンはこれまで彼にかなりヤキモキさせられたはずだ。

そんなポグバにはクラブOBも不信感を露わにしている。かつて同クラブで活躍したポール・インス氏は、ポグバがチームに悪影響を与えると主張。次の移籍市場でマンUはこのMFを即刻売却すべきと次のように話している。英『Daily Mail』が伝えた。

「ユナイテッドへ帰ってきてからというもの、ポグバの行動は残念なものだ。その振る舞いやパフォーマンスは自身が下した復帰の決断に確信が持てていないことを反映してしまっているね。ブルーノ・フェルナンデスと比較されることもあるが、それはクレイジーだよ。ブルーノはユナイテッドに来てからすぐに地に足ついたパフォーマンスを披露している。だけどポグバはそうじゃない。一貫性がないよ。たまに悪魔的な素晴らしいプレイを披露することもあるけどね。ただ、その一貫性のなさと代理人も絡んだピッチ外での行動はクラブにとって良くないものだ。だから、私はユナイテッドが彼をすぐに放出するべきだと思う」

「スールシャールがクラブを前進させることを目指すならば、ポグバはそれに適していない。素晴らしい選手になったかもしれないのに残念だよ。最終的に注意が散漫で、他のチームメイトに悪影響を与える選手になってしまった。毎週試合に出てゲームチェンジャーとなっていたらそれも許せたんだけどね。でもそうじゃない。わざわざチームに置いておく必要はないよ。即刻手放すべきだ。クラブは迅速に決断を下す必要があるだろう。ポグバは今のところチームの一員になりきれていない」

ポグバに変化が見られないのであれば、即時売却すべきと主張したインス氏。手放すのは惜しいかもしれないが、ポグバには高額な年俸の問題もある。それだけにマンUは同氏の意見にも耳を傾けるべきかもしれない。

掴みどころのない男。そう言ってしまえば聞こえはいいが、裏を返せば計算ができない選手であるポグバ。はたして、この男の未来はどこにあるのだろうか。大復活に期待したいが、次の移籍市場でマンUは難しい決断を迫られることとなりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ