エジルがバルサへ行けばどうなった!? 「僕の好みはバルセロナだった」

レアルを選んだエジル photo/Getty Images

見てみたかったバルサのエジル

現在アーセナルでプレイするMFメスト・エジルは2010南アフリカワールドカップで大活躍し、その後レアル・マドリードへと移籍する道を辿った。

レアルでもエジルは大きな成功を収めたが、バルセロナへ移籍する可能性もあったのは有名な話だ。ワールドカップの活躍で人気が上昇し、レアルだけでなくバルセロナも関心を示していたのだ。

スペイン『MARCA』が改めて当時のエジルの発言を振り返っているが、エジルはバルセロナの姿勢に本気度を感じなかったというのだ。より積極的だったレアル、そして当時指揮官を務めていたジョゼ・モウリーニョの熱意を受けてレアル入りを決断することになる。

「2010ワールドカップのあと、レアル、バルセロナ、アーセナル、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッドが僕を欲しがった。僕の好みはバルセロナだった。あれほど美しくプレイするチームは見たことがなかったからね。バルセロナとサインしようかと思っていたけど、グアルディオラが僕のことを本当に欲しがっているようには見えなかった」

「モウリーニョは積極的でフレンドリーだったからね。彼はバルセロナとは全く違った。だからレアル行きを決めたんだ」

もしエジルがバルセロナへ向かっていればどうなっただろうか。シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、リオネル・メッシがいることを考えると、すぐに出番は確保できなかったかもしれない。しかし、グアルディオラのスタイルには適応できたはずだ。

モウリーニョが率いる全くスタイルの異なるレアルへ向かうことになったが、バルセロナでプレイするエジルの姿も見てみたいものがあった。イニエスタやシャビはすでに去っているため、今頃はバルセロナでもキーマンになれていたかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ