1億6000万ユーロMFの人気急降下 オファー届かぬテクニシャンはどこへ行く

バイエルンにレンタル移籍しているコウチーニョ photo/Getty Images

2年前から状況は大きく変わった

総額1億6000万ユーロもの移籍金で獲得した選手が、ここまで人気を失うことになると誰が想像していただろうか。

現在バルセロナが放出へ動いているのがMFフィリペ・コウチーニョだ。2018年冬にリヴァプールから加入したコウチーニョはネイマール、さらにはアンドレス・イニエスタの穴を埋める存在と期待されていたのだが、思うように機能しなかった。

すでにバルセロナはコウチーニョ売却へ向けて動いているのだが、スペイン『MARCA』はオファーが1つも届いていないと取り上げている。バルセロナも1億2000万ユーロに設定していた契約解除金を引き下げる考えがあるようだが、それでも高額なことに変わりはない。

今季はバイエルンにレンタル移籍しているのだが、バイエルンがコウチーニョを買い取る可能性は低いとされている。バイエルンでも指揮官がハンジ・フリックに代わってからはスタメンの座が怪しくなっており、コウチーニョが絶対に必要というわけではない。

同メディアはイングランド側からのアプローチを期待しており、チェルシーやレスター・シティ、トッテナム、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドの関心を集めていることは伝えている。しかし、現段階ではどこも正式なオファーには至っていないようだ。

リヴァプールでの輝きは見事なものがあったが、コウチーニョが再び力を発揮できるのはどのクラブなのか。2年前は世界的に大きな注目を集めていたコウチーニョの人気は急落している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ