Warning: file_get_contents(https://www.theworldmagazine.jp/ranking.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/theworldmag/theworldmagazine.jp/public_html/wp-content/themes/theworld2015/header.php on line 8
“プレミア史上最高”のパフォーマンス? 絶賛されるスアレス・31ゴールの記憶[映像アリ]|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

“プレミア史上最高”のパフォーマンス? 絶賛されるスアレス・31ゴールの記憶[映像アリ]

リヴァプールでプレイしていたスアレス photo/Getty Images

大暴れした2013-14シーズン

2017-18シーズン、リヴァプールではFWモハメド・サラーがプレミアリーグのシーズン得点記録を塗り替える32ゴールを記録する大活躍を見せた。

プレミアの記録を塗り替える大活躍だったのだが、それでもルイス・スアレスには敵わないのかもしれない。

スアレスはリヴァプールでプレイしていた2013-14シーズンにリーグ戦31得点を記録し、プレミア得点王のタイトルを獲得している。得点数ではサラーの方が1点上回っているが、英『GIVE ME SPORT』は「この時のスアレスがプレミア史上最高の個人パフォーマンスだったかもしれない」と取り上げている。
サラーとの違いがあるとすれば、アシスト数だ。サラーが2017-18シーズンに32得点11アシストの成績だったのに対し、スアレスは31得点17アシストを記録。アシスト数でサラーを上回っているのだ。しかもスアレスの方がサラーより3試合だけ出場試合数が少ない。

また同メディアはSNS上でのファンの意見も紹介しているが、「信じられない選手だ。彼はあらゆるタイプのゴールを決められる」といった声も出ている。サラーに比べると、スアレスの方が得点パターンは豊富だ。見る者を魅了したという点でも、当時のスアレスのパフォーマンスをプレミア史上No.1と評価するのは適切なのかもしれない。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ