ヴィニシウスより速い驚異の“35.1km/h” レアルの21歳怪物MFが止まらない

レアルのバルベルデ(右) photo/Getty Images

前線の選手ではなかった

今季レアル・マドリードで最速のスピードを記録している選手は誰なのか。

チームの顔ぶれから考えると、ヴィニシウス・ジュニオール、ガレス・ベイルといったアタッカーの名前が真っ先に浮かぶだろう。しかし、最速のプレイヤーは別にいる。

スペイン『as』によると、その選手とは今季売り出し中の21歳MFフェデリコ・バルベルデだ。攻守にファイトするだけのプレイヤーではなく、スピードまで備えているとは恐ろしい。

バルベルデは今季ここまでチーム最速となる35.1km/hのスピードを記録。これにはヴィニシウス(34.6km/h)、右サイドバックのダニエル・カルバハル(34.4km/h)、左サイドバックのフェルランド・メンディ(34.3km/h)、ベイル(34.2km/h)といった選手たちも敵わない。

ちなみに、ライバルのバルセロナにも今季バルベルデを上回る速度を記録している選手は1人もいないという。唯一FWカルレス・ペレスが34.67km/hと近づいたが、そのペレスも今冬にローマへレンタル移籍している。

バルベルデは中盤で戦えるファイターとのイメージが強いが、タイミングを見計らって一気に前線まで駆け上がることもある。その際のスピードも印象的で、そうした推進力を備えているところもバルベルデの魅力なのだ。

どこか今季のレアルはバルベルデ一色になっているようなところがあるが、スピード部門でも話題をさらったのはバルベルデだ。若手選手は1度加速すると止まらない傾向にあるが、バルベルデはとんでもない加速力でスター街道を突き進んでいる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ