驚異の17歳・カマビンガ、カマラも入る!? 1年後のフランス代表はどうなる

レンヌのカマビンガ(右) photo/Getty Images

延期されたEUROに参戦する可能性も

新型コロナウイルスの影響で今夏に予定されていたEURO2020は来年へ延期されることになった。

この1年の延期が選手に与える影響は大きい。今回『Eurosport』が注目したのは、2018ロシアワールドカップを制したフランス代表だ。

フランスほどのタレント軍団となれば、この1年で選手の顔ぶれが変わってくるだろう。ベテランの中には衰える選手もいるかもしれない。

同メディアが危険と名指ししたのは、チェルシーFWオリヴィエ・ジルー、マルセイユMFディミトリ・パイェだ。

ジルーはロシアワールドカップ制覇にも貢献したが、今年の9月で34歳を迎える。パイェは今季リーグ・アンで9得点4アシストと好成績を残しているのだが、こちらも来年には34歳になっている。大ベテランとなる彼らがトップコンディションを維持できているのか疑問視されているのだ。

特にパイェは今夏の開催ならばフランス代表に入ったかもしれない。それだけに今回の延期は衝撃が大きく、来季も同じパフォーマンスを継続できるかは分からない。

その一方で楽しみなのが、成長著しい若手だ。特にレンヌでブレイクしている17歳MFエドゥアルド・カマビンガにとってこの1年は大きい。すでにレアル・マドリードなどビッグクラブから注目されている実力者で、あと1年あればフランス代表に入ってくる可能性がある。フランスにとっては大きい戦力となるだろう。

マルセイユの20歳DFブバカル・カマラも興味深い。守備的MFとセンターバックの両方をこなすことができ、マルセイユではすっかり主力だ。A代表に割って入る時もそう遠くはないだろう。来年のEUROでは主力になれる可能性だってある。

他には現在負傷しているバルセロナFWウスマン・デンベレ、トッテナムMFムサ・シソコ、マルセイユFWフロリアン・トヴァンといったタレントたちの復帰も楽しみな材料だ。彼ら負傷者組にとっても延期は悪い話ではない。

デンベレら本来は主力となる選手たちがコンディションを整え、カマビンガら若手が入ってくると戦力の厚みは増す。この1年でワールドカップ王者フランスがどう変わっていくのか楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ