“ロシツキー以来の才能”も ライプツィヒが狙う3人のヤングスターFW

U-17ブラジル代表でもプレイするカイオ・ジョルジ photo/Getty Images

ヴェルナーの後継者は誰になる?

仮に今夏ライプツィヒFWティモ・ヴェルナーが移籍するならば、ライプツィヒには後継者が必要となる。

独『Bild』によると、すでにライプツィヒは3人の候補者に目をつけているという。若い実力者をヒットさせてきたライプツィヒが次に誰を狙うのか。これは非常に気になるポイントだ。

まず1人目はチェコのスパルタ・プラハでプレイする17歳FWアダム・フロツェクだ。16歳と3ヶ月でリーグデビューを果たし、クラブ史上最年少出場記録を更新した経歴も持っている。

チェコではあのトマシュ・ロシツキー以来の才能なんて声もあるようで、数年後が楽しみな選手だ。

2人目はブラジルの名門・サントスでプレイする18歳FWカイオ・ジョルジ。U-17ブラジル代表の一員として昨年にはU-17ワールドカップを制しており、期待のNewスター候補だ。

ユヴェントスも獲得に関心を示しているようで、ヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスに続いてブラジルの若手は大人気だ。

最後の3人目はデンマークのコペンハーゲンでプレイする18歳FWモハメド・ダラミーだ。ヴェルナーと同じくワイドな位置でもプレイ可能で、スピードを1つの武器としている。

コペンハーゲンでは今季全てのコンペティションを合わせて7得点5アシストと結果を出しており、リヴァプールも注目しているという。

さすがに若い選手を育てていくライプツィヒらしく、今回リストアップされているのも10代プレイヤーばかり。いずれも即戦力とは言えず、ヴェルナーの穴埋め役となるには数年は必要だろう。それでも、ライプツィヒはこれまで若き才能を見出してきた実績がある。この3人のうちの誰かが大化けする可能性は十分に考えられる。

ライプツィヒが動かずとも、この3人はいずれ欧州五大リーグへやってくることだろう。それだけの注目を集めており、NEXTスター候補生として名前を覚えておくのも悪くないはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ