“アザール・ロス”からの若手大抜擢 チェルシー監督ランパードにもっと称賛を

補強できずとも4位死守するチェルシー photo/Getty Images

4位は普通ではない

今季のチェルシーは守備が脆いところがあり、終盤に失点してしまうケースも少なくない。2月もマンチェスター・ユナイテッドに0-2、チャンピオンズリーグでバイエルンに0-3で敗れるなど、不安定な部分があるのは事実だ。

しかし、指揮官フランク・ランパードの仕事はもう少し評価すべきなのかもしれない。なぜなら、ランパードには「エデン・アザール退団問題」に対処する必要があったからだ。

しかも昨夏にはFIFAから補強禁止処分を受けていた影響で満足な戦力補強はできなかった。かなり不利な状況からのスタートだったと言えるが、その中で4位をキープしているランパードの仕事は見事と言えるのではないか。

英『sky SPORTS』は、ランパードが若手をきっちりとコーチングできていると評価する。開幕当初、誰がFWタミー・エイブラハムの二桁得点を予想していただろうか。18歳MFビリー・ギルモアのブレイクも予想以上に早かった。

マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、アーセナルなど昨夏に戦力を補強していたクラブよりもチェルシーの成績は安定しており、同メディアもランパードの仕事ぶりを高く評価している。

DFリース・ジェイムズ、フィカヨ・トモリ、MFメイソン・マウントら若手を育成しつつ、今季トップ4を維持できれば100点満点と言えよう。アザール退団&補強禁止処分に対応するのは想像以上に難しいミッションであり、ここまでランパードはかなり上手く対処できているはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ