ペップの奇策に最初は味方もビックリ!? 「選手にもサプライズな部分あった」

奇策とも言える戦術でレアルに勝利したマンC photo/Getty Images

それでもレアルに勝利

現地時間26日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、レアル・マドリード相手に2-1と勝利をもぎ取ったマンチェスター・シティ。この試合で指揮官が採用した“奇策”とも言える戦術には、選手達も初めは戸惑ったようだ。

マンCの前線といえば、センターフォワードのポジションをセルヒオ・アグエロかガブリエウ・ジェズスに任せ、左ウイングにラヒーム・スターリングが配されるのが基本形だ。しかし、レアル戦でジョゼップ・グアルディオラ監督はこの形に手を加えた。センターフォワードには本来ウイングや中盤を務めるベルナルド・シウバ、左ウイングには中央を主戦場とするG・ジェズスをそれぞれ配置したのだ。

結果としてこの采配は的中したかたちとなったが、多くの人がグアルディオラ監督の決断には驚いたのではないだろうか。B・シウバに“偽9番”を任せるような形こそ今季すでに実践済みだったが、まさかこの大一番でこの戦術を再び採用してくるとは予想外。そしてどうやら、選手達も監督の決断には驚いたという。試合後、MFケビン・デ・ブライネは英『BT Sport』に対して次のように語った。

「僕らはペップの下で4年プレイしているけど、(この試合での采配は)選手にとってもサプライズとなった部分があったよ。試合開始までに何をすればいいかわからないことだってある。厳しい時間帯もあったけど、いくつかの変更は良かったね。これほどまでのクオリティの試合であれば苦しむ時もあるけれど、僕らはうまく立ち回ることができたと思うよ」

ほぼぶっつけ本番だったとういうことか。経験があるとはいえ、マンC戦士の戦術理解力は恐ろしいレベルにあることがこのコメントから窺える。

レアル戦で見事グアルディオラ監督の期待に応えるパフォーマンスを披露したマンC。はたして、今季こそ彼らはビッグイヤーを掲げることができるのだろうか。柔軟すぎる戦い方が可能なシチズンズが、悲願のCL制覇に向けて順調な滑り出しを見せている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ