大怪我を乗り越えた“ユーヴェ主将” 今季で満了を迎える契約の延長は?

ブレシア戦で復帰を果たしたキエッリーニ photo/Getty Images

代理人が将来について言及

ユヴェントスのキャプテンを務めるイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの代理人が、同選手の今後について口を開いた。

現在35歳のキエッリーニは、2005年にユヴェントスへ加入して以降、長きにわたりチームを牽引。セリエA8連覇の全てを経験している数少ない選手で、これまで数々のタイトルをもたらしてきた。2018-19シーズンからはチームのキャプテンも任されており、同クラブでの通算出場数は「500」を超える。15年目のシーズンを迎えた今季は、大怪我により前半戦をほぼ丸々棒に振る長期離脱を余儀なくされていたが、今月16日に行われたブレシア戦(セリエA第24節)で待望の実戦復帰を果たしていた。

そんなキエッリーニは、ユヴェントスとの契約が今季までとなっており、契約期間が残り半年を切った。しかし、いまだにクラブから何も発表されておらず、来季以降の去就に注目が集まっている。ただ、同選手の代理人を務めるダビデ・リッピ氏は、キエッリーニがユヴェントスとともに歩む将来を確信しているようだ。

伊『TUTTOmercatoWEB』のインタビューに応じた際、「彼の契約更新は、クラブが発表した時のみ正式なものとなる。ただ、その件に関して我々の間に問題はないと思っているよ。ジョルジョの意思は、彼が元気であり続ける限り、そして重要な存在と感じている限りは、先へを目指してプレイし続けることだからね」と明かした。

さらに「彼は負傷により、多くのことを一人でできるようになった。(ブレシア戦の)日曜日に予定より早く復帰して、我々全員を驚かせたんだからね。真実をみんなに伝えるために、私でさえ彼がプレイすることは知らされていなかったんだ。キエッリーニが頭の中で何かを思いついた時、彼を止める方法はないよ」と話している。

すでにキエッリーニとユヴェントスは、契約を延長することで合意に至ったといった現地の報道もあるが、はたして。近日中にも正式発表されるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ