19歳はスターダムを駆け上がる 武者修行先でウェールズ代表DFが覚醒の予感

CLトッテナム戦で素晴らしいパフォーマンスを披露したアンパドゥ(左) photo/Getty Images

CLトッテナム戦で好パフォーマンス

欧州最高峰の舞台で19歳が光輝いた。現地時間19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、RBライプツィヒ対トッテナム。この試合で最も衝撃を与えた選手は誰かと問われれば、ライプツィヒのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥは間違いなく候補に入ってくることだろう。

今季スタメン出場がそれまでたった1回のみだったにもかかわらず、突然の抜擢で見事難しいミッションをこなしてみせたアンパドゥ。最終ラインに怪我が続出している状況で、ライプツィヒの救世主となったことは間違いない。この19歳はトッテナムの攻撃を味方との連携で次々と遮断し、攻撃面ではビルドアップにも積極的に参加。この試合でボールタッチ数(109回)、パス成功本数(93本)、パス成功率(95%)、インターセプト数(5回)のそれぞれでチームトップの数値を記録している。

そんな19歳はチェルシー からライプツィヒに1年間貸し出されている選手。今回の活躍にはチェルシーのファンもさぞ興奮したことだろう。本人も元所属クラブの動向は常にチェックしているようだ。英『Daily Mirror』によると、トッテナム戦後にアンパドゥは次のように語っている。

「チェルシーへ戻りたいとは思っているけれど、今はライプツィヒでの戦いに集中しているよ。ただ、彼らのことも気にしていて、何が起こっているか注視している。若い選手が躍動しているのは良いことだ。トップ4の位置につくこともできているしね。ここでは望んでいたほどプレイできてはいないけれど、トレーニングでは一生懸命勉強しているよ。CLでの出場は自分ができることを示す良い機会だとわかっておた。上手くやってのけることができたと思いたいね」

古巣の若手路線を称賛したアンパドゥ。自分も来季こそはと意気込んでいることだろう。ライプツィヒでのアピールは今のところ大成功とは言えないかもしれないが、トッテナム戦を見るに才能は十分。将来チェルシーで活躍するためにも、今後はこのパフォーマンスを継続して披露したいところだ。

武者修行先で大器の片鱗を見せつけた19歳のニューカマー。はたして今後、アンパドゥはワールドクラスへの階段をどこまで駆け上がることができるのだろうか。可能性は無限大だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ