大迫勇也がピンチだ 17歳の超大型FWまで登場してブレーメンの前線に変化

ブレーメンの大迫 photo/Getty Images

開幕戦は英雄のようだったが……

昨夏に退団したマックス・クルーゼの穴を埋める存在として期待されていたブレーメン所属の日本代表FW大迫勇也は、開幕早々から期待に応えた。開幕3試合で3得点を記録し、11月のシャルケ戦でも得点。この時点で昨季リーグ戦の得点数を超えることになり、大迫にとって特別なシーズンになると考えられていた。

ところが、そのシャルケ戦からピタリと得点ペースがストップ。今では先発の座が保証されない事態となっており、開幕当初とは状況が大きく変わってきている。

苦戦しているのは大迫だけではない。独『Bild』は大迫と合わせて21歳の若きFWヨハネス・エッゲシュタインも困難な状況にあると伝えている。エッゲシュタインは開幕戦でゴールを決める快調なスタートを切ったのだが、現在はリーグ戦3試合連続出番無しだ。

先日のアウグスブルク戦では198cmのサイズを誇る17歳のFWニック・ヴォルテマデが先発で起用され、さらに今冬チームに加わったダヴィー・ゼルケも先発出場。ブレーメンの前線には大きな変化が起きており、大迫はもう1度指揮官フロリアン・コーフェルトを納得させるところからスタートしなければならなくなった。

大迫の場合は昨年9月に負傷離脱してしまったのが痛かったが、再びポジションを奪い返せるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ