「仮免所持者からハミルトンに」 絶賛止まぬフィジカル自慢の快速ドリブラー

プレミア屈指のドリブラーに成長したトラオレ photo/Getty Images

「試合の全てを支配している」

2019-20シーズンのプレミリーグにおいて、最もサプライズとなっている男は誰か。おそらく、ウォルバーハンプトンに所属するFWアダマ・トラオレはその候補に入るだろう。

多少不利な状況であっても、屈強なフィジカルを武器に無理矢理サイドを突破してしまうトラオレ。対戦するDFは対応にさぞ苦戦していることだろう。サイドに君臨する“フィジカルモンスター”。しかし、彼の本当の凄さはそれでいて爆発的なスピードもあるということだ。

そんな売り出し中のトラオレへ少し変わった表現を用いて称賛を送った人物がいる。かつてアーセナルなどで活躍したマーティン・キーオン氏だ。英『talkSPORT』に対して、同氏はトラオレのことをF1ドライバーに喩えつつ次のように語った。

「彼は試合の全てを支配している。このパフォーマンスはこれからも続いていくだろうと私は考えているよ。偉大なDFたちでさえ、彼を止めることができなかった。私はこれまで彼のことを仮免所持者ぐらいと説明していたが、今ではルイス・ハミルトンのようになったね。衝撃的だよ。ウルブズが彼を慰留し続けるのは難しいと思うが、私はこれからもトラオレ がそこで活躍してくれることを願っているよ。ウルブズは本当に特別なものを築き上げようとしているんだ」

当初はまだ拙い面もあったが、今やトラオレは世界でも指折りの技術を持ったドリブラーに成長したとキーオン氏は言いたいのだろう。現“プレミア最速”との呼び声も高いドリブラーに同氏はメロメロのようだ。

イングランドで存分にその能力を披露するトラオレ。はたして、彼を完璧に抑え込めるDFはプレミアにいるのだろうか。24歳の進撃はまだまだ止まりそうにない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ