今も“ドイツ最高”のセンターバック EURO2020にベテランリーダーは必要か

ドルトムントのフンメルス photo/Getty Images

経験値不足を指摘する意見も

2018ロシアワールドカップでグループステージ敗退の屈辱を味わったドイツ代表は、世代交代を行いながらEURO2020制覇を目指すことになる。

すでに優秀な若手が次々と出てきているのだが、EUROのようなビッグトーナメントを制するには経験値も重要だ。

そこでバイエルンやリヴァプールで活躍した元ドイツ代表のディートマー・ハマン氏がプッシュしているのが、ドルトムントDFマッツ・フンメルスのドイツ代表復帰だ。

フンメルスといえば、昨年にドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴより事実上の代表引退を通告された選手の1人だ。レーヴは世代交代へフンメルス、トーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテングのベテラン3名を今後の代表戦に招集しない考えを表明していた。

しかし、フンメルスは今もドルトムントで主力を務めている。独『Sportbuzzer』によると、ハマン氏は未だにフンメルスがドイツ最高のセンターバックと信じているようで、経験値をプラスするためにも代表へ呼び戻すべきとの考えだ。

「もしフンメルスをEUROへ招集するならば、我々には優勝へ小さなチャンスが生まれる。彼なしでドイツが優勝すれば驚くだろうね。フンメルスが代表でプレイしなくて良い理由は存在しない。彼は今でもドイツ最高のセンターバックだ。また彼は周囲の選手も良くさせる。ヨナタン・ター、マティアス・ギンターは次のステップへ進むためにもフンメルスの隣でプレイする必要がある。なぜならフンメルスはリーダーであり、現段階ではリーダーシップが不足しているからだ」

フンメルスは経験も豊富で、数年前までは世界最高クラスのセンターバックと言われていた実力者だ。その経験は大きなプラスとなるはずだが、ドイツのEURO2020制覇にフンメルスは欠かせないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ