ミランで未だ無失点の“お兄さん” 2番手GK狙うべきもう1人のドンナルンマ

ミランのドンナルンマ兄弟 photo/Getty Images

伊メディアも実力を評価

15日にコッパ・イタリア5回戦でSPALと対戦したミランは、GKをドンナルンマが務めた。ドンナルンマと言っても、今回は弟のジャンルイジの方ではなくお兄さんのアントニオ・ドンナルンマの方だ。

弟のジャンルイジ・ドンナルンマは次世代のワールドクラスGKとして大きな注目を集めるが、29歳のアントニオの方はミランで3試合にしか出場していない。兄弟で差がついてしまっているが、アントニオの方も過小評価することはできない。

SPAL戦でアントニオは3-0の勝利に貢献しているのだが、実はまだミランのトップチームで失点したことがないのだ。今回のSPAL、2018年2月のヨーロッパリーグ・ルドゴレツ戦、2017年12月のコッパ・イタリア準々決勝・インテル戦と、アントニオが出場した3試合は全て無失点だ。

しかもインテル戦は延長までもつれて120分間戦っており、合わせるとアントニオはミランのトップチームで300分間無失点ということになる。

伊『Calciomercato』はインテル相手にもクリーンシートを達成しているのは見逃せない功績と捉えており、弟ジャンルイジ・ドンナルンマのバックアッパーとなる2番手は兄・アントニオに任せてもいいのではないかとの考えを示している。

これまではペペ・レイナが2番手の立ち位置だったが、今冬にミランはレイナをアストン・ヴィラにレンタルで放出。代わりにボーンマスからGKアスミール・ベゴビッチを加えているのだが、アントニオの奮闘を考えれば1番手と2番手をドンナルンマ兄弟に任せるのも1つの手かもしれない。常に称賛されるのは弟の方だが、兄・アントニオのことも忘れるべきではない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ