“ベッカム級”のクロスを持つサイドバック イングランドに現る第4の翼

チェルシーのリース・ジェイムズ photo/Getty Images

クロス精度、スピード、パワーに高い評価

現在のイングランド代表で1つのストロングポイントとなっているのが、右サイドバックだ。マンチェスター・シティのカイル・ウォーカー、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、マンチェスター・ユナイテッドのアーロン・ワン・ビサカと、それぞれ異なる強みを持つ実力者が揃っている。

ただ、ここにもう1人加えるべきなのかもしれない。英『The Sun』が絶賛しているのは、チェルシーDFリース・ジェイムズだ。20歳のジェイムズは昨年9月にトップチームデビューを果たしたばかりの選手で、前述した3人に比べると経験値が不足している。

しかし、ポテンシャルは以前から非常に高く評価されている。パワー、スピードに加え、チェルシーで活躍したパット・ネヴィン氏はクロスの精度も元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムを思わせるものがあると絶賛している。

「全盛期の頃のベッカムはクロスが最大の特長だったが、私がベッカムのクロスについて言及したのはリース・ジェイムズのクロスにベッカムに近いものを見たからだ。単にディフェンスとGKの間にクロスを送るのは簡単だが、DFが足を出すのが怖く、GKが飛び出すチャンスもないボールを的確に送るのは難しい。リースはその分野で素晴らしい」

EURO2020でのイングランド代表入りは早すぎるかもしれない。アーノルド、ウォーカーらの方が実績もある。しかし同メディアはジェイムズがアーノルド、ウォーカー、さらにはアトレティコ・マドリードでプレイするキーラン・トリッピアーの3人を掛け合わせたハイブリッドだと称えている。

ウォーカーの持つスピード、パワー、アーノルドやトリッピアーにも負けず劣らずのクロス精度が評価される理由で、20歳のジェイムズも2022カタールワールドカップの頃には大きな戦力になっているかもしれない。イングランド代表の右サイドバック争いは世界屈指の激しさと言ってもいいだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ