ペップが世界トップクラスと認めた 今のマンUのカウンターは速すぎる

何やら話し込むグアルディオラとスールシャール photo/Getty Images

カラバオ杯でのダービー迫る

7日にはカラバオ杯・準決勝でマンチェスター・ダービーが行われるが、今のダービーは両チームのスタイルがはっきりと分かれていて面白い。おそらくはジョゼップ・グアルディオラ率いるマンCがボールを支配し、マンUはカウンターアタックを狙っていく展開となるだろう。

しかもオーレ・グンナー・スールシャール率いる今のマンUはカウンターのスピードが恐ろしいほど速い。実際12月のダービーではマンUがお得意のカウンターを炸裂させ、2-1の勝利を収めている。今のマンUは相手が強ければ強いほど力を発揮する集団となっているのだ。

英『sky SPORTS』によると、グアルディオラもマンUのスピードを理解している。今回もカウンターを受ける機会があると覚悟している部分もあるようで、ビルドアップでのミスを減らす必要があると語る。

「スピードに乗った時の彼らはベストチームの1つとなる。イングランドだけの話ではなくてね。彼らにはジェイムズ、グリーンウッド、マルシャル、ラッシュフォード、リンガードのスピードがある。3回、あるいはもっと多く速攻を仕掛けようとしているはずで、我々はビルドアップでのミスを減らさないといけない。準備をしつつ、自分たちのゲームをしないと」

マンCがビルドアップでミスを犯した時、マンU攻撃陣の大好物でもあるカウンターアタックがスタートする。今のマンUにスペースを与えるのは極めて危険だ。今回の準決勝はホーム&アウェイの2試合行われるが、マンUのカウンターが炸裂する機会は何度訪れるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ